注目キーワード

よこはま動物園ズーラシアは北門から入場すると良い

ズーラシアに行ったことがある方は感じたことがあるはず。ライオンやキリンなど動物園の代名詞とも言える動物たちがいるエリアまで、正門から入場するとめちゃめちゃ遠いということ。園内は巡回バスも走っているので、それに乗れば良いわけですが、不定期に欠航してたり、乗客いっぱいだと乗れないこともあります。この記事は初めて「北門」から入場した時のお話です。

よこはま動物園ズーラシアとは

ズーラシアとは「生命の共生・自然との調和」をメインテーマに掲げ、生息環境展示や世界の気候帯・地域別にエリア分けすることにより、世界旅行を体感しながら見学できる動物園として1999年に誕生しました。動物だけでなく植物や自然環境について楽しく学べる、新感覚の動物園です。

ズーラシアへのアクセスは電車・バスの場合、相鉄線「鶴ヶ峰」、相鉄線「三ツ境」、JR横浜線・横浜市営地下鉄「中山」、各駅から「よこはま動物園行き」のバスで約15分です。

ぼくは車で行くのをおススメします。駐車料金は時間に関わらず1,000円/日で、駐車場は2,200台のキャパがあるため、混みすぎて車が停められなくなることもなさそうです。

すすき野やあざみ野からズーラシアに車で行くと30分で到着してしまいます。

こんな近くに本格的に楽しめる動物園があるなんて最高です!

正門ではなく北門から入場すると・・・

ズーラシアのメインの入り口は「正門」になります。正門は噴水あり、動物に象られた植木あり、メインゲートあり、サーティーワンアイスクリームあり、と正門にふさわしい門構えです。

本記事のタイトル通り今回は正門ではなく「北門」から入場します。車の場合は正門駐車場を通り過ぎ、直線道路を突き当たりまで進むと、北門駐車場があります。もちろん駐車場代は1,000円で変わらず。バスでも北門駐車場まで行く系統があるようですのでチェックしてみてください。

そしてこちらが北門入り口。

正門と比べると少し寂しい北門ですが、今までさんざん正門から入ってきたので、気にしません。初めてズーラシアに行く方は、正門から入った方が良いですよ!記念写真とか撮れますので!

北門から入場すると、バードショーで有名な広場が左手にありますので、バードショー目的で来場する方も北門にお越しください。

さて、北門から入場して最初に訪れるエリア、それは・・・

「アフリカのサバンナ」エリアです!!

もう、すぐにキリンやシマウマに会えちゃいました。

アフリカのサバンナ

「アフリカのサバンナ」エリアにいる動物たちはこんな感じです。

・ライオン
・チーター
・ミーアキャット
・ヒガシクロサイ
・キリン
・シマウマ

キリン

キリンは哺乳綱偶蹄目キリン科キリン属に分類される偶蹄類(ぐうているい)です。偶蹄目に属する動物はウシやラクダなどがいて、確かにキリンのお顔はラクダに似てますね。

そして、キリンは滅多に鳴き声をあげないそうですが、「モー」とウシのように鳴くというのは某豆知識バラエティ番組で有名になりましたね。

ズーラシアのキリンは高い木にぶら下がった餌カゴの草をひたすら食べているか、近くの岩や木を長い舌で舐めています。たまに、走っている姿を見れることがありますが、あの巨体で芝生を駆ける姿はとてもダイナミックで感動します。

こんなに近くでキリンを見ることもできます!

グラントシマウマ

シマウマはウマ目ウマ科ウマ属の系統です。ウマウマウマ。

ズーラシアにいるシマウマはグラントシマウマであり、グラントシマウマはサバンナシマウマの亜種になるようです・・・シマウマ、シマウマ、シマウマ。

4頭が一緒に行動している姿が微笑ましくて、見ているだで穏やかな気分になります。

チーター

チーターは食肉目ネコ科チーター属に分類される食肉類です。こちらのチーター、眠ってはいませんが、特別追いかける獲物もいませんので、退屈そうに日向ぼっこしてる感じです。

ライオン

ライオンは食肉目ネコ科ヒョウ属に分類される食肉類です。百獣の王らしく、こちらも日向ででーんと構えてます。やはり、追いかける獲物もなく暇なのでしょうか。ずーっと動きません・・・。

というか、ライオンってヒョウの仲間に分類されるんですね。

知らなかった。

アフリカの熱帯雨林

サバンナのお隣、「アフリカの熱帯雨林」エリアにいる動物たちはこんな感じです。

・ヤマアラシ
・オカピ
・チンパンジー
・アカカワイノシシ

よこはま動物園ズーラシアのアイドル、「オカピ」がいるエリアです!

チンパンジー

チンパンジーは霊長目ヒト科チンパンジー属に分類される類人猿です。チンパンジーって、おさるのジョージみたいな先入観だったのですが、実際に見ると体も結構大きくて、肩や腕なんかもごっつくて力強い印象です。

この写真のチンパンジーは何か考え事でもしているかのようでした。ロダンの彫刻「地獄の門」の一部分「考える人」のようです。

ね、寝てる。

しかも日向でちょうど良い平たい岩の上で自分の腕を枕にしながら・・・。

なんて人間らしいんでしょうか。

いや、人間が猿らしいのか。

人間は霊長目ヒト科ヒト属のホモ・サピエンスですから、チンパンジーさんの方が先輩です。

オカピ

オカピは偶蹄目キリン科オカピ属に分類される偶蹄類の哺乳類です。シマウマの仲間だと思っていたら、キリンの仲間じゃん!ってなったらしいです。

ズーラシアのアイドル、シンボルであるオカピは大人気です。オカピは大変珍しい動物で、日本国内では7頭しか飼育されていないそうです。日本の動物園でオカピが見れるのは、よこはま動物園ズーラシア、上野動物園、横浜市立金沢動物園の3ヶ所のみです。

こんなに珍しいオカピが見れる動物園が近くにあるなんて最高!

動物だけじゃない!子どもが楽しめる公園がある!

こちらはズーラシアの中間に位置する「わくわく広場」という公園です。

オカピをモチーフとした遊具、回転滑り台やターザンロープなど、子どもが喜びそうな遊具もたくさんです。

そのほかにも遊具のある公園がいくつかありますので、探してみてください!

ズーラシアの年間パスポートを買おう

ズーラシアでは年間パスポートを2,000円で販売しています。大人の入場料が800円のため、い1年間で3回以上ズーラシアに行けばペイできます。

なお、このパスポートはよこはま動物園ズーラシアだけでなく、系列の金沢動物園にも使えるようなので、ズーラシアに飽きたら金沢動物園に行きましょう(ズーラシア飽きないけど)。

動物を見るだけでなく、公園に行くつもりでズーラシアに行けるようになるので、年パス買うと良いですよ!

よこはま動物園ズーラシア

住所
〒241-0001 横浜市旭区上白根町1175-1
電話
045-959-1000
開園時間
9:30~16:30(入園は16:00まで)
休園日
毎週火曜日(祝日の場合は開園し、翌日休園)、12/29~1/1
アクセス
Susukino最新情報をチェックしよう!